LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
LINEで送る

活性水素の効果として、体内の活性酸素の除去が出来ます。活性水素水の作る条件としては、ミネラル分の多い天然水などが非常に適しているのです。

活性水素効果によって本当に活性酸素除去できるのか?

活性水素とは

活性酸素の理想的な消去剤は“活性水素”であるといえる。“活性水素”とは、水を電気分解すると、陰極側で生成される還元水中に存在する反応性の高い原子状水素である。」

出典:naruhodo-genki.com

九州大学の白畑教授が、1997年に、米国の科学雑誌BBRC(BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS)に発表された事によって、活性水素と呼ばれるものが、登場した。

また、活性水素は、原子状水素とも呼ばれ、その陰極側で生成され、活性水素が溶け込んだ水を、活性水素水や還元水と呼んでいます。

この原子状水素ですが、1932年にノーベル賞を受賞した、アーヴィング・ラングミュアが水素プラズマとして、宇宙空間に満ちている物質として紹介しているものです。

活性水素水を作る

水素水を作る場合、電気分解法と気体過飽和法の2種類の水素水サーバーが存在します。ただ、今回の活性水素水の場合は、電気分解法に限定されます。

活性水素は、反応性が良く、実際その状態を維持できるのは、1秒も維持は難しいとされています。そんな活性水素が活性水素水として、維持できる理由は、電気分解で同時に生成される、ナノコロイドの存在です。

原水の中に含まれる微量な、ミネラル金属がナノコロイドと呼ばれる、ナノサイズの大きさになると、マイナスの電荷を帯びるため、それによって、水素が活性状態を維持できるとされています。

これは、フラナガン博士の開発した、マイクロクラスターも同様に、二酸化ケイ素(シリカ)をナノレベルまで、細かくする事で、還元性を持たせる事で、マイナス水素イオンを維持する事が出来るの同様なのです。

そのため、活性水素の効果を期待するためには、原水は、精製水などでは無く、天然水、水道水などとなり、原水をそのまま飲む、電気分解式だけが、活性水素水と呼ばれるものになるのです。

詳しい水素水サーバーについてはこちらを参照

活性水素効能

活性水素 効果

活性水素水効果効能といえば、やはり、活性酸素除去です。

活性酸素は、癌(がん)、心臓病、高血圧、糖尿病、パーキンソン病、アトピーなどの原因とされているもので、活性酸素の影響で、一部の細胞が酸化損傷を受ける事で、正常な働きが出来なくなるため、これらの病気になると言われています。

活性酸素は、通常免疫として、働くものなのですが、その中で、酸化力の強い、ヒドロキシルラジカルが、正常な細胞に攻撃をする事で、様々な病気の原因となる事から、この活性酸素除去する事が、病気治療の第一歩なのである。

活性水素と呼ばれる、原子状水素やマイナス水素イオンなどは、マイナス電子を余分に持っている事から、強力な還元剤として、働くと言われています。

ただし、活性水素は、その不安定さから、水素水ニセ 科学といわれており、分子状水素が本物の水素水のような言われ方を良く耳にしますが、水素と酸素を単に混ぜても水になる事はありませんので、安定した水素がどうやって活性酸素と反応するのかまでは、解明されていないのです。

極端な言い方をすると、水素は身体に良い結果が出るのだけれど、どのように反応しているか判らない処が多いものなのです。

天然水素水は、活性水素水なのか?

天然水の中には、飲むと気分が良くなる、病気も治ってしまう不思議な水があるのをご存じでしょうか?代表的なものとして、フランスのルルドの泉、メキシコのトラテコの泉、ドイツのノルデナウの水です。また、日本にも同様なものがあり、日田天領水などがそれにあたります。

これらの天然水は、病気が治ってしまう不思議な水で、最初は、その理由がよく判らなかったものです。それが、実は活性水素の効果であった事が、のちのち判ってきたのです。

日田天領水の効果

日田天領水(ひたてんりょうすい)は、大分県日田市にある、、阿蘇山麓の原生林、九重連山などがふるさとになります。

もともと、日田市は、九州北部中央にある、阿蘇、九重など千メートル級の屋根に囲まれた盆地にあり、幕末に徳川家直轄の「天領」として、政治、経済、文化の中心としてはたしてきました。また、周囲を山々に囲まれた、盆地のため、大小いくつもの川が集まり町並みを通り過ぎ、三隈川、筑後川と繋がっていきます。

日田の水は、町中を通っているから、夏は涼しく、冬場は、霧となって景色に風情を灯し、その水は、清らかでにごっていないと言われ地元では、水郷をすいきょうと呼ばれています。

この日田天領水は、何千年、何億年という時をかけ作られた幾層もの地層(天然のフィルター)を通ってみがかれた希少価値の高い天然水なのです。

 

実は、日田天領水は、もともと、うなぎの養殖に使用していたものだったんです。その井戸の水を使用していた、うなぎの生育が良く、滅菌をしなくても飲用に適している水だったのです。

また、九州大学 白畑教授によって、ドイツのノルデナウ水やメキシコトラコテ水との近似性を示唆されて、天然活性水素水として販売をするようになった。

日田天領水を使った、ウォーターサーバーはこちらです。

 炭酸水と活性水素水

よく炭酸水と、水素水の違いが判らないという方が結構います。

そもそも、炭酸水の場合は、炭酸ガス(二酸化炭素)、水素水の場合は、水素が混ざっているのですが、同じ気体でも性質が違うため、効果・効能もかなり変わっています。

例えば、水素水にも炭酸水にもダイエット効果があると言われていますが、それぞれ効果が異なります。

炭酸水は、飲む事で胃から吸収された炭酸ガスが血管内に入り込みます。身体にとって、炭酸ガスは、必要の無いガスですので、身体は排除しようと動き出します。血管を拡張させて、血流をアップさせる事で、体外に排出しようとします。血流がアップする事で、体温アップとなる事でダイエット効果があるとされています。

一方、水素水は、水素はもともと細胞内のミトコンドリアに作用する事で、ATPエネルギーを作り出す事が出来るものです。つまり滞っていた糖や脂肪などが、燃焼する事が出来るのです。

また、炭酸水は血流を上げる事でダイエット効果はあるのですが、血流アップによって、活性酸素が発生しますので、同時に水素水を飲む事で相乗効果があると考えられます。

活性水素は飲むよりも肌からの吸収が良い

活性水素水は、一般的に飲料水として飲むのが普通ですが、水素水は肌から吸収する事も可能です。つまり水素水のお風呂に入る事で、水素水効果を肌から吸収する事が出来るのです。

これは、水素水の第一人者 太田教授によると、水素水を飲む効果よりも10倍効果が高いと言われています。それは肌から吸収するのはもちろんですが、湯気といっしょに、水素が揮発するため、肺からも吸収する事が出来るからとの事です。

そのため、皮膚疾患であるアトピーなど、炎症を伴う皮膚疾患などは、効果は、非常に高いのです。

まとめ

活性水素は、非常に活性している水素のため、身体の錆びを防止するのには、最適なものです。ただね水素水サーバーであれば、電気分解法でしか、活性水素は発生しませんので、活性水素の効果を期待するには、電気分解式水素水サーバーを選ぶ必要があります。

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
LINEで送る