LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

ハイドロライフは、ドクターフーズが免疫力の強化というコンセプトで作り出した、水素水生成器です。

ハイドロライフ(HYDROLIFE) ドクターフーズで作った水素水生成器

ドクターフーズとは

ドクターズフーズの基本哲学は「体」が本来持っている「チカラ」を信じるということ。

体は正常に機能していれば病気にはなりにくいものです。
ただ、さまざまな要因でそのチカラが低下することで病気になりやすい状態になってしまいます。ドクターズフーズは予防医学の観点から、「体」が本来持っている機能を「助ける」商品を開発しています。
 
また、その開発過程では、医療の現場でたゆまない努力のもと日々行われる研究によってもたらされる臨床研究やエビデンスの「知恵」に基づき、日々健康と向き合いながら、商品開発をしています。

ドクターフーズの3のコンセプト

健康の源 免疫力の強化

免疫力とは菌やウイルスといった病原菌から「体を守
る」力のこと。加齢、ストレス、食事、睡眠等、様々
な要因で免疫力が低下すると、疲れやすく、抵抗力の
弱い病気になりやすい体になってしまいます。免疫力
を維持するためには継続的な取り組みが不可欠です。

「健康」と向き合い足し算と引き算で整える

バランスが崩れた体は、自分のチカラでは正常な状態
に戻せない状況になっています。そのような場合には、
適切な「成分」を体外から取り入れる。または、有害な
「成分」を取り除く・抑制することによって、身体を本来
あるべき姿に整えることが大事です。

身体の内側と外側、両面から真の美しさを引き出す

本当の美しさとは、健康であってこそ得られるもの。
さまざまなストレスにさらされ、心身ともに健やかで
いることが難しい現代社会において、私たちは「美し
くあること」にも科学的アプローチで挑みます。

免疫を強化するを目標にドクターフーズが作り出した水素水生成器ハイドロライフ

人は生きて居る限り、身体の酸化と戦い続けなければならない。

我々の身体は、食事や酸素を吸って、生命活動をしています。は生きる上で1日約500Lの酸素を諸費するとされています。その酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。活性酸素は、体内に発生した、ウイルスや細菌なども退治する免疫としての働きがあるのですが、その一部である、悪玉活性酸素と呼ばれるヒドロキシルラジカルは、自分自身の細胞やその中にあるDNAまでをも、攻撃してしまうのです。これによって身体が酸化していき、老化につながる他、さらにひどい状態になると、細胞がガン化してしまうのです。

現代は、活性酸素を増やす原因にあふれている。

活性酸素は、生命活動で発生するのですが、実は、それ以外でも、現在は発生のリスクが増加しています。

それは、

☑食べ過ぎ

☑飲酒

☑ストレス

☑喫煙

☑紫外線

☑過度の運動

様々な状況で、活性酸素が発生する事が判っています。

そして現在病気の90%はこの活性酸素が原因とされているのです。

 

 

悪玉活性酸素の酸化損傷を防ぐために必要な水素

最近、注目を浴びている、抗酸化物質 水素は、いくつかの特長を持っています。

☑水素は宇宙一小さい天然の抗酸化物質です

元素番号1版の水素は、これ以上小さいものはありません、そのため、非常にスピード良く、身体に溶け込ます事が出来るのです。色々なものに対して、抗酸化物質として働くのです。

☑他の抗酸化物質に無い性質

通常抗酸化物質の代表である、ビタミンC は水溶性、ビタミンEは、脂溶性と抗酸化物質は、どちらかに分かれているのですが、水素は、抗酸化物質の中で、水溶性、脂溶性両方の性質をもっているため、身体のどの部分でも出入りする事ができるのです。

☑水素は無害

水素の最大の特徴は、いくら過剰に取っても、無害である。身体に必要とされる、ビタミンCやビタミンEは、取り過ぎると身体の変調をおこしたりします。また、生命活動に欠かせない、酸素ですら、濃度の濃いものは、体内に取り入れることが出来ません。例としては、深海探査のための潜水用ボンベには、実は水素が50%濃度で使用されているのです。

水素水生成器 ハイドロライフ

ハイドロライフは、水素電池に使用される「高分子電解質膜」を採用して、たった2分で、900ppbの高濃度水素水を発生させることに成功しました。

お茶やジュース、コーヒーなどでも、使用が可能ですので、お好みの飲み物を水素ドリンクとして使用されてはいかがでしょうか?また、市販のペットボトルもそのまま装着できるので、外出時もとって便利です。

容量350mL 重量310gの携帯可能な水素水生成器、ハイドロライフは

↓↓↓こちらから購入が可能です。↓↓↓

水素水サーバー一覧

水素水メーカー&水素水ブラント早見表