水素健康に良い、美容に良いと注目され初めて早10年、世界中の科学者が水素について研究をしており、その事実が判ってきています。しかし100%化学的な証明が出来ていないのも事実です。

水素健康への影響と化学的検証について

水素水(hydrogen water)の登場

水素水の登場によって、水素健康に影響するという事が判ってきました。これは、日本医科大学大学院の太田教授が2007年に水素水によって、体内の悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルを除去出来る事を発表をきっかけに、研究が一気に加速度的に増えて行きました。

水素 健康

2007年に太田教授が水素水の発表をする以前にも、1997年に九州大学の白畑教授が、活性酸素によるDNA酸化損傷を防ぐ水として、水素水が上げられています。白畑教授は、水を電気分解する事で、陰極側に活性水素が発生、その活性水素が溶けた水が、陰極側から取れる事で活性水素水、電気還元水、還元水素水などと呼び、エルゼビア社が出版するBBRC(Biochemical and Biophysical Research Communications)に発表された。これによって、水素が溶けた水 水素水が病気の治療に効果があると注目をあびるようになったのです。

水素水の詳細はこちら

実は白畑教授が研究発表する以前に同様のものが、存在していました。1950年代に水を電気分解して得られる水、シンノオル液が発表され、当時の厚生省によって、その製造装置は医療機器認定第1号に選ばれたものです。電気分解によってpHがアルカリに傾く事で、アルカリイオン水と呼ばれていたものです。アルカリイオン水は、飲むと調子が良いとされ50年近く親しまれていましたが、医学的な研究はほとんどされていませんでした。水(H2O)を分解すると ”OH”と”H”に分かれますが、当時は、”OH”が良いとされてアルカリイオン水と呼ばれていましたが、”H”つまり水素健康に関係している事が判り 水素水と呼ばれるようになったのです。

ただし、コンビニ、スーパーで販売しているアルカリイオン水は、ペットボトル等で販売されており、水素が抜けているため、普通のミネラルウォーターと変わりません。⇒アルカリイオン水

アトピー性皮膚炎は水素水で治る

アトピー性皮膚炎は未だに治療方法が無い病気のひとつです。アトピー性皮膚炎は、免疫が過剰反応するもので、過剰反応によって炎症がおこり、ヒスタミンが大量に発生すると、かゆみや湿疹が発生して、掻く事でさらに炎症をおこすような病気です。そのため、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモンなどの薬を処方しますが、根本的な治療となっていません。

多くの皮膚病もそうですが、炎症が発生すると、活性酸素が発生しています。この活性酸素除去する事が水素水には可能なのです。そのため、水素水効果によって、活性酸素を抑えて炎症を鎮める事が出来るのです。水素水アトピー効果としては、症状を抑えるだけかもしれませんが、水素水には副作用がありません。そのため、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモンのように大量投与によって副作用が出るものとは異なり、大量に摂取しても問題ないのです。

また、活性酸素の原因としては、食事や呼吸によって酸素を取り込む事で発生するため、避けようがありません

水素水とアトピーの関係

 

がん治療にもいかせる水素水

最近は、2人に1人ががんにかかるとされ、医療保険やがん保険の加入者が多くなっています。実際2人に1人が実際がんであれば、保険会社がつぶれてしまうで現実ではありませんが、がん患者が年々増加しているのは事実です。

代表的ながんとしては、肺がん肝臓がん大腸がん、胃がん、膵臓癌結腸癌などがあり、一般的ながん治療としては、抗がん剤を使った治療か、放射線治療といったものが一般的です。ただ、抗がん剤の 副作用が問題視されており、抗がん剤効果そのものも、疑問視されている事実もあります。

そもそも、原因としては、細胞が悪玉活性酸素の影響で、過酸化脂質となり、さらに、それが広がり、レントゲンで1mm以上に視認されたものをがんとして定義されているようです。そのためがん細胞とは、酸化して機能不全をおこした細胞といっていいかもしれません。

そんながん治療として主流で行われている、抗がん剤治療やがんの放射線治療などは、わざと活性酸素を発生させて、がん細胞を死滅させようとするがん治療方法ですので、当然抗がん剤の副作用として正常な細胞まで、攻撃してしまう事なのです。

一方で水素水に入っている水素の場合、抗酸化物質のため、酸化している細胞を、還元する事で、正常な状態にもってくる事が出来るため、抗がん剤のような副作用がありません。また、細胞ほ酸化させた原因の活性酸素をも除去するメリットもあります。

水素水は、アルツハイマー 型 認知症に効果あり。

アルツハイマー型認知症は、認知症の中で大半をしめており、加齢とともに発生する病気で、男性よりも女性の方が発症しやすいと言われています。認知症は、原因としては、アミロイドβやタウと呼ばれる、特殊なタンパク質が脳内に溜まり、それによって神経細胞が壊れて、減少する事で、認知障害が起こると考えられております。

一部では、遺伝性もあると考えられています。特に海馬に影響しやすいため、忘れた事を忘れてしまうような事が発生します。

水素水に入っている、水素は、抗酸化物質として、唯一脳幹を通過出来る物質です。そのため、脳内の活性酸素を除去する働きがあり、血液サラサラになるため、脳細胞の働きを活発にする事で、改善や進行を遅らす事が出来ると言われ、動脈硬化の防止や認知症予防など改善事例も多く報告されています。

アンチエイジング化粧品は水素が入って完成

女性がよく使う、ファンデーションは、酸化チタンとい材料で出来ています。酸化チタンは、紫外線を反射する事で昔から使われています。

また酸化チタンは、建築物の外壁に塗られており、紫外線と水を分解して、活性酸素を出すことで、外壁の汚れを浮き上がらせる効果があります。実は、この現象は、人の肌でも発生しています。折角紫外線を酸化チタンのファンデーションで防いでも、紫外線と汗が反応して、肌の上で活性酸素が発生してしまい、肌を荒らしてしまう事が判ったのです。

そのため、基礎化粧品として、ファンデーションの下に、水素を発生するクリームなどを事前に塗っておくことで、ファンデーションから発生する、活性酸素を防ぐ事が出来るのです。

おでこの しわまで、無くなる水素水の力

水素水には、老化防止の力があります。もともと、肌のしみやシワは、活性酸素によって、肌にある、ヒアルロン酸やコラーゲン効果を失った結果発生するものなのです。また、正常な細胞は、活性酸素によって、過酸化脂質に成る事で、くすみやハリも無くしてしまいます。

そんな肌の細胞を復活させるためにも、水素水は、有効に働きます。継続的に水素を取り入れる事で、健康な肌に若返らせる事が出来ます。

水素水ダイエット効果

水素水には、活性酸素を除去する効果の他に、ミトコンドリアで、グルコースを生体エネルギー物質である、ATPの産生に無くてはならないものです。普段 水素は、TCA回路で、グルコースから取りだされていますが、電子伝達系への水素の引き渡し量が足りなくなるとATPの産生が滞ってしまうのです。

がんは、この電子伝達系の回路が動かなくなった状態です。

水素水などを飲む事で、ミトコンドリアが活発に動き出すと、貯めておいた、グルコースがどんどん、エネルギー物質ATPに変化して熱に変わるため、結果ダイエットにつながるのです。

水素水で、ダイエットを成功させるためには、必ず基礎体温を測って、水素水の必要量を考える必要があります。

⇒詳細は「水素水でダイエット、嘘のような本当の話」を参照

自律神経失調症状にも効果がある水素水

自律神経失調症状は、主に、慢性疲労、めまい、動悸、頭痛、耳鳴り、不眠、便秘、下痢、イライラしている、常に不安、疎外感、孤独感、やる気が出ない、感情の起伏が激しいなどがあると言われてます。

これは、交感神経と副交感神経のコントロールが上手くいっていない状態になっています。

自律神経失調になる原因として、ストレスや生活習慣の乱れ等があります。

水素水は、自律神経失調に直接治療効果はありません。ただし、ストレスや生活習慣の乱れによって、活性酸素が増加して、不調にきたしている事が考えられますので、まったく効果が無いという事はありません。

水素水を飲むなら水素水サーバー

水素水は、体内の活性酸素除去するという事で、様々な病気に効果が期待できるものです。但し、水素水は、水素が抜けやすいという欠点があります。そのため、出来るだけ作りたてを飲む習慣をつける必要があります。

また、水素健康を考えるのであれば、水素水を飲む量もある程度は、必要です。おすすめは1日3リットルです。

水素水としてすぐ飲める状態のものもありますが、値段も1リットル800円前後と高く、ランニングコストを考えた場合は、水素水サーバーがおすすめです。

⇒詳細は「水素水サーバーで、毎日ゴクゴク水素水生活」を参考願います

まとめ

水素健康にとって必要不可欠な栄養素のひとつです。水素は、宇宙一小さいビタミンなんて言われる、抗酸化作用はもちろんのこと、ATPの産生に必要な栄養素でもあります。

水素水をはじめとして、効率的に取り入れる事で、健康な生活につながると考えられます。