水素水は、濃度が製品によってまちまちで、どの水素水を飲むのが良いか判らないという人が大勢います。水素水濃度は、水素水の品質指標みたいなみのです。やっぱり、水素水濃度が高いものほど水素水の効果も高いと思って良いのでは。

水素水濃度で、その水素水の効果を確認!

水素水濃度のppmって何?

最近の究極の抗酸化という事で、大注目を浴びている水素水ですが、その濃度についてよく判らないとの声が聞かれます。溶存水素量とか、水素水濃度とか言われてよく出てくるのが、”ppm” という単位です。

このppmは、実は、「parts par million」の頭文字を取った単位で、日本語に直すと、”100万分の1″となります。水素水であれば、1Lの純粋に水素が何グラム溶け込んでいるかを表しているのです。

例えば 1ppmの水素水であれば、 1Lの水に 1mgの水素が溶け込んでいる事になります。パーセントになおすと0.0001%となります。

同様に水素水濃度の単位として、”ppb” と書かれているものがありますが、これは、最後の”b”は、”billion”の頭文字で、日本語で言えば 億になりますので、”ppb”は”1億分の1″という単位になり、水素水濃度を表す、”ppm”と”ppb”はこんな関係です。

1ppm=1000ppb=1mg/L  になります。

製品によって、水素濃度を高くみせるには、”ppb”を使った方が、水素濃度量が多く感じるので、そのように表現していまる製品もありますが、1mgの水素は、11cc分の水素になります。

水素水濃度の限界1.6ppm

水素水濃度については、溶存限界濃度が一般的に1.6ppmで言われています。発売されている、ブランドによっては、その限界を突破したとして、3~4ppmそして、7water や 水素水7.0のように、7ppmの濃度で販売しているブランドもあります。

ある意味間違っていないのですが、水素濃度は、気圧と温度に依存します。実際、標準気圧1024hPaで、室温26℃だと、限界濃度1.75ppmですが、0℃だと、1.88ppmとより水素水濃度の濃いものが作れます。

その他、水素水濃度の高いものが、製品として販売されていますので、その作り方をご紹介致します。これは大きく2種類に分かれす。

気体過飽和法による高濃度水素水

圧力容器に入れて、水素を封入する事で、水素水濃度の高いものが出来ます。これにより、通常時は、1.6ppmのものが、3~4ppmといった高い水素水濃度のものがつくれ、現在広告レベルでは、7.0ppmの水素水濃度で販売されており、この方法で10ppmまでの水素水濃度のものを作る事ができます。

代表的な水素水としては

ASO水素水  携帯型 水素水  価格


公式ページ

 原水として、日本名水にも選ばれた、阿蘇外輪山の阿蘇天然水を使った水素水

独自の加圧充填方式で3.0~3.5ppm

アルミパック式でお届け

詳細はこちら

 初回6,000-

(30袋入り1ヶ月分)

セブンウォーター 携帯型 水素水 価格


 耐圧PETボトルに水道水と水素発生剤を入れて発生させる水素水で業界最高濃度の水素水が出来 水素水濃度7.0ppm

詳細はこちら

 初回スターターキット

初回5,600-

 

水素水7.0  携帯型 水素水  価格

  耐圧PETボトルに水道水と水素発生剤を入れて発生させる水素水で業界最高濃度の水素水が出来 水素水濃度7.0ppm

詳細はこちら

 初回スターターキット

初回9,800-

 

携帯型・水素水サーバー等がありますが、注意が必要なのは、表示されている水素水濃度は、あくまでも充填時の水素水濃度です。実際飲む段階で水素水濃度は下がっている可能性があります。

ナノバブル製法 水素水

ナノレベルの気泡でバブリングする事で、水素の泡が水素水の中に留まるのです。これは、泡がマイクロレベルまで、小さくなると、泡が水の外に押し出ようとする力よりも水の抵抗が大きくなってしまい、泡が水の外に出づらくなってしまう現象で、一般的に、ストークスの法則に則ります。直径10μmだと、3mm/分程度までしか動かなくなるのです。またマイクロバブルは、マイナスの電荷を帯びる事から、泡同士が反発するため、結合して大きい泡になる事はありません。また自己破壊時に水分子をラジカル化する特長もあります。マイクロバブルが水のなかに浮いている形となりますので、水素水濃度は水素飽和濃度よりも濃くなります。ただし、水に溶け込んでいるのとは違い、水素ガスが混ざっている状対となっています。

そんなマイクロバブル方式を採用している水素水はこちらです。

SUISOPIA(水素ピア) 携帯型 水素水 価格

公式ページ

 山梨県南都留郡鳴沢村の天然水を原水として使用した、水素水で、バナジウム濃度の高い水素水。

ウルトラファインバブル製法で水素を充填、2~2.5ppmの水素水濃度で、保管容器も独自開発。6ヶ月の長期保管可能に

6L特殊アルミパック

詳細はこちら

 定期6480-

(ディスペンサー無料)

(アルミパック 2袋/1ヶ月分)

マリアージュ  水素水サーバー  価格


公式ページ

 水道水をセットして電気分解にて発生させた水素をマイクロバブルにして、水に溶け込ますため28000ppm(2.8%)の濃度の水素水が出来上がります。

詳細はこちら

 本体 216,000

カートリッジ6480/年・回

 

水素水濃度は実際どのくらい飲んだらよいのでしょう。

水素水濃度については、やり方によって、かなり高濃度のものが出来ますが、実際どのくらいの濃度のものが、良いでしょうか?実は、水素水として飲んだ場合、最大0.4ppm程度までしか、1回に身体に吸収出来ないというデーターがあります。また、水素水として飲んだ場合 約6割は使用されずに、水素が出て行ってしまうというデーターもあります。

そのため、実際は、そこまでの高濃度は必要ないのです。そのため、おすすめの水素水濃度としては、1~1.3ppm程度あれば、十分なのです。

水素水の高濃度化ょすすめたりしていますが、水素水濃度が濃いからといって、朝だけば飲めば良いという事でも無いのです。それは、水素は宇宙一小さいため、身体の中に留めておくが、出来ないからです。そのため、いくら水素水濃度の高いものでも、飲んでから、1時間程度で、使われなかったものは、体外に排出されてしまうのです。そのため、水素水の効能を考えるなら、こまめに飲む事大事になってはます。