LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
LINEで送る

水素水を浄水器タイプでつくる時のメリットとデメリット

浄水器というと、一般的には、水道水のカルキ取りや水道管のサビ取りなんかに使用しているもので、水道から出る水をちょっとでもおいしいものにしようとして、付けている人が多いです。そんな浄水器から、水素水がでてくるような、浄水器タイプの水素水 生成器があるのをご存じでしょうか。今回、そんな水素水をつくる浄水器について紹介いたします。

水素水をつくる浄水器のメリット

水素水は、今、美容と健康に注目浴びている、水素を多く含んだ水です。体内で発生した活性酸素を水素水を飲む事で、中和して無害な水に変えることが出来る水です。現代社会は、食品や環境などから、体を酸化させてしまうものが多く、抗酸化物質によって、体内を還元していますが、なかなか追いついていないのが現状で、そのため、体が酸化する事で、発生する疾病が多くなっているのです。

そんな、体に良い、水素水浄水器から無限に出てきたらなんて良いでしょうか?

水素水がでる、浄水器のメリットはこの3つ

☑浄水器から無制限に水素水が出て来る

☑好きなときに、いつでも水素水が飲める

☑水素水にするための天然水ミネラルウォーター買わなくて良い

水道直結 浄水器タイプの水素水サーバー比較

浄水器タイプ水素水サーバーランキング1位

アクティブビオ 価格 167,832(税込み)

水素濃度 1ppm

酸化還元電位:-500mV

2L/分

   

浄水器タイプ水素水サーバーランキング2位

HⅡ GURA(ガウラ) 価格 213,840-(税込み)

 水素濃度 1.0ppm

酸化還元電位:-450mV

1L/分

 商品の詳細はこちら  

浄水器タイプ水素水サーバーランキング3位

ハイブリッドH2サーバーWP-400  価格 429,840(税込み)

 水素濃度 20,000ppm

酸化還元電位:-400mV

1L/分

 賞品の詳細はこちら  

浄水器タイプ水素水サーバーランキング4位

TK-HS90(パナソニック) 価格  128,736(税込み)

 水素濃度 1.3ppm

酸化還元濃度:-250mV

 

   

浄水器タイプ水素水サーバーランキング5位

TRIM ION HYPER  164,000

 水素濃度 0.5ppm

酸化還元電位:データー無し

4L/分

   

水素を取り出すために、電気分解をして、水素濃度を高くしていくと、pHが大きくなる(アルカリ)に傾はます。それを解決するために、各メーカーは、様々な対処をしています。

浄水器タイプの水素水サーバーを選ぶポイントは、3つ

☑酸化還元電位

酸化還元電位が低いほど、活性酸素の中和がしやすい 還元力が高い事を表します。

☑水素濃度

水素濃度は、1リットル中の水素の量ですので、 水素濃度×水素水の量で、計算は出来ますが、水素濃度が高くても体内に取り込める量が多くなるとは限らない。一部の研究では、1回で取り込める水素の量は0.4ppm程度。また水素水として取り込んだものの約60%は逃げてしまう事から 1ppm以上であれば、性能としては、同じと考えても良いかと思います。

☑吸水量、排水量

水素水の出る量は、水素水発生のための処理スピードになります。これらの水素水サーバーは、違いはあるものの、電気分解によって水素を発生させています。そのため、一般的に水素水と同時に陽極側に、酸性水が出来るため、水素水の出来る量は水道から出た量の半分が無くなります。

そんな3つの特長を選ぶと、アクティブビオが、1番おすすめになります。

 

参考資料

還元水素水生成器/アルカリイオン整水器/浄水器

株式会社日本トリム|整水器 電解水素水

ブッタ切り!浄水器型の水素水サーバーの強みと高濃度にならない弱点

決定!口コミの多い水素水生成器メーカーランキング 

水素水は浄水器で作るのがいい?おすすめの商品を比較!

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
LINEで送る