水素生成器の特長として、大量に飲む人向けにはおすすめのものです。水素水は、美容と健康に良いとの事で、最近は、非常に飲用している人が増えてきました。水素水にも色々なタイプがありますが、大量に飲む、家族で飲む、会社で飲むこんなシーンが必要な場合は、水素水生成器がマッチしているのです。

水素水生成器を選ぶ5つのポイント

水素水生成器とはどんなもの

水素水生成器は、今や色々なタイプのものが存在しています。そして価格も色々ですし、タイプはたくさんあります。しかし、水素生成器の特長としては、水素水をたくさん飲みたい、家族全員で飲みたい、会社でシェアしたいといった事で、水素水を購入するよりも、コスパが良いもので無くてはなりません。そのため、使われる環境を考えながら、水素水生成器を選ぶ必要があります。

水素水生成器を選ぶポイント

酸化還元電位

水道水は、酸化還元濃度は、+100~700mVと場所によって非常にバラバラです。普段飲んでいる、水道水は、一部の水を覗いて殆どが、酸化水となっているため、長期間それを飲んでいると酸化(老化)した身体になっていってしまいます。

この場合は、酸化還元電位の低いマイナスのものを選ぶ必要があります。これは還元力の指標ですので、マイナスが大きいことにより、酸化力の高い悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)と反応しやすいという事になります。出来るだけ酸化還元電位の小さい(マイナスの大きい)ものを選択しましょう。但し、水素水生成器によってはpHも上がっていってしまうため、飲用に適しないものが出来るため、そこは注意が必要です。

水素濃度

水素濃度については、どのくらい還元力の高い水素が入っているかになります。高濃度をうたったものがかなり多くありますが、実際必要な水素濃度としては、1ppm以上あれば十分です。それは、水素濃度が濃くても身体が水素を一度に吸収しきれないのです。実際1回で体内に取り入れる事が出来る、水素の濃度は、0.4ppm程度までとの研究もあります。また、水素はあくまでも、水に溶け込んでいるだけですので、水素水を飲んだ時に、その60%程度の水素は呼吸といっしょに出て行ってしまうらしく、ここでは1ppm以上あれば十分と判断しています。

そのため、3ppmの水素水を1リットル飲むよりは、1ppmの水素水を3L飲んだ方が、身体に水素を取り込みやすいという事になります。

ミネラルの存在

水素水に、ミネラルが何故関係するのだ、と言われる方も多いと思います。ミネラルは、イオン化すると還元性が高まねものが多く、水素濃度の持続性が高まります。通常水素水の欠点は、水素を生成してから、しばらく置くと水素濃度が下がってしまうものが非常に多いです。水素溶存濃度の1.5~1.6ppm程度であれば、そのまま溶存してると思いがちですが、水素ガスは衝撃でで反応してしまう性質があり、水素水も衝撃に弱いため、例えば水素水をシェイクするだけで、水素濃度が一気にゼロになってしまうような水素水も存在しています。

それを防ぐために、還元性の高いミネラルを大量に含んでいる必要があります。カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、バナジウム、アルミニウム、ケイ素あたりが代表的なものです。これらが含まれている事で、ミネラルの効能も付与されるのですが、水素濃度の維持にもつながります。

そのため原水については、天然水等がおすすめですが、水道水でも十分である。一方でRO水、純水など、不純物が少ないものについては、水素水の場合は、おすすめしません。

水素の発生装置

これは、それぞれのメーカーが水素の発生装置については、大きく分けて、電気分解式、気体過飽和タイプとがありますが、それぞれについて、利点と欠点があります。ただ現在おすすめの発生装置としては、電気分解式です。

電気分解式の場合、陽極と陰極の間に、イオン交換膜のような分離膜を入れてつくる還元水では無く、非常に原始的に、原水にそのまま、電気分解する方法です。この方法は、水素濃度が上がりにくいという欠点がありますが、ナノコロイド金属が発生するという利点があり、pHがそれほど変わらない割には、還元力はある水素水です。

次に気体過飽和式の中で、SPFフィルターを使用しているものも効果が高いです。これは、2パターンありますが、原水をSPFフィルターを通して微粒子化する方法と水素をナノバブル化する方法があります。前者の場合、原水をSPFを通すことで、水分子が40クラスターレベルで固まっているものを15個位のクラスタにする事で、水素がその間に入り込む事で、抜けにくくなるのです。次に後者は、ナノ水素水の作り方で、水素をナノレベルの気泡(実際はマイクロレベル)にする事で、浮力と、水の抵抗を逆転する事で、水素の気泡を水から出にくくする方法です。2つとも通常の気体過飽和方式よりも水素が抜けにくい特長がありますので、高濃度の水素水が飲める利点があります。後者の方法は、溶存というよりは、水素ガスを飲んでいるような感じになります。

水道直結型か手動給水型か

水道直結型の据え付け型の方が、使いやすいとは思いますが、水素水生成器については、手動給水式のものをオススメいたします。

水素水生成器は、機構から考えると、壊れにくいようなものですので、長期間使用できるものも多いのですが、機能として未発達(実際の処研究途上も否めない)な処もあり、最長でも2年位で償却を考えた方が良いと思います。

理由としては、新規参入企業が多いのもあり、実際どこまで保証があるかが不明で、フィルター等の変更が必要なものは、いつまで供給されるかも問題となってくるからです。そのため、手動給水型でなるべくコンパクトなものを選ぶのが良いかと思います。

水素生成器のオススメとして

水素タンブラー H Bottle

現在、市場に出回っている、水素生成器の中で1番、コスパを含めてバランスが良いのが、H.Bottleです。水素サーバーの性能にひけを取らないのと、とにかく本体代が安い。2年間使用つづけた場合、1リットルあたり81円と100円を切っている点は、通常のミネラルウォーターと同レベルのため、非常にリーズナブル。水素水はアルミパック式は、1リットル700~800円と非常に高価ですので、長期でつづけるならこちらがお得です。

製品名 H.Bottle 評価

水素水タンブラーであるが、水素濃度が高く、水素水サーバーにひけを取らない上に、価格が安い

 約2年使用した場合のコスト

本体:(59,400) ⇒計59,400-

1日1L☓365☓2年⇒730L

81.4円/リットル 〇

 水素水タンブラー
定価(税込み) 59,400
酸化還元電位  -650mV
水素濃度  1.53ppm
原水 水道水

 

水素水サーバー ルルド

次にオススメするのは、定番の水素水サーバールルドです。1日1リットルを飲み続けた場合は、1リットルあたり214円ほどかかってしまいますが、家族3~4人で水素水をシェアしているような家であれば、コストはその半分になります。水素の持続力があるため、作り置きが出来るのも良い特長です。

製品名 ルルド 評価

電気分解式の水素水サーバーで水素濃度の持続力が高く12h経過しても1ppmをキープする水素水

 約2年使用した場合のコスト

本体:(159,840) ⇒計159,840-

1日1L☓365☓2年⇒730L

218.9.6円/リットル △

 水素水サーバー
定価(税込み) 159,840
酸化還元電位  -480mV
水素濃度  1.2ppm
原水 水道水・RO水可能

 

水素水サーバー ガウラ

これも定番の水素水サーバーです。この商品は人気があり、よくショップサイトで売り切れになるため、欲しい場合、予約が必要な商品です。

このガウラは、据え置き型で、ルルドといっしょで、家族が多い家庭向けの水素水サーバーです。1日3~4リットルと飲む必要がある場合は非常に割安になります。

会社に設置して、社員で飲むのに最適な水素水サーバーです。

製品名 ガウラ 評価

買取の方がお得であるが、レンタル方式もある水素水サーバー。人気があり予約しないと購入が出来ない水素水サーバーです。

 約2年使用した場合のコスト

本体:(213,840) ⇒計213,840-

1日1L☓365☓2年⇒730L

292.3円/リットル △

 水素水サーバー
定価(税込み) 213,840
酸化還元電位  -450mV
水素濃度  1ppm
原水 水道水