水素水は健康に良いという事で、美容と健康に興味ある多くの人が、水素水を飲まれています。最初はお試しと言う事で、アルミパックタイプ、PETボトル、アルミ缶のタイプを飲まれている方も多かったと思います。しかし、水素水は、新鮮が1番で、出来たての方が水素濃度も高いし、コストパフォーマンスも実は良いのです。そんな家庭でつくれる水素生成器の選び方についてご紹介致します。

水素水生成器の選ぶべきポイント

水素水は活性水素を多く含んでおり、非常に注目を浴びている究極の還元剤です。病気の原因の90%と言われている体内の悪玉活性酸素である、ヒドロキシルラジカルを中和除去してくれるのが活性水素です。その活性水素が水に溶解しているのが、水素水なのです。

最近水素水生成器は携帯タイプ、風呂用、ボトル等 通常のサーバータイプ以外のものも多く発売されており、様々なタイプの水素水 生成器が販売されています。

水素水は、病気の最新治療器として、パーキンソン病の治療、糖尿病の治療、など多く使用されていますが、家庭で使用されるのは、その病気の予防などに使えるものでなくてはいけません。実際販売されている、水素生成器でも、正直これを水素水と言ってよいかも判らないものもありますので、水素水生成器として選ぶポイントを明確にします。

水素水 生成器の選ぶポイント 1・・・酸化還元電位

もともと、水素水の水素に注目している理由は、その還元力です。最近何故か、水素のみに注目がいっていますが、重要なのは電子を多く持って還元力の強い活性水素なのです。活性水素は、ヒドリドHといって、酸化還元電位-2.52Vの物質なのです。

ここで、酸化還元電位とは、水を基準とした、酸化力、還元力の指標で、プラスになると酸化力が強いもので、マイナスが強くなると、還元力が強くなるものです。最近では、酸化=老化として考えられているものです。

ちなみに、病気の原因の約90%として、嫌われものの悪玉活性酸素の酸化還元電位は+2.05Vです。悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルがを還元力の強いもので、中和させる事が重要ですので、必ずこの酸化還元電位の表示があるものが重要となります。

ここで注意なのですが、水素はイオン化するとヒドロンH+となります。これは酸化還元電位では”0″になります。ORPでは、水を中心として電位を測定しているので、こうなります。酸化還元電位ゼロのヒドロンも悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルから見れば、還元剤となりますので、全く何もないという事ではありません。

必要なのは、水素をキャリアとする、自由電子です。

水素水 生成器の選ぶポイント2・・・水素イオン濃度

ここで何故水素に拘るのかを、もう一回考えてみのしょう。水素は究極の抗酸化剤などといわれていますが、抗酸化剤と言ったら、ビタミンC やビタミンEなんかで良いのではと思いませんか?実は細胞ひとつひとつを見ると判るのですが、実は細胞は、油の膜に囲まれた水の塊みたいな形をしています。ビタミンEは、脂溶性のため、外側の細胞膜にしか効きません、ビタミンCは水溶性のため、細胞質(細胞の内側)にしか抗酸化物質として働きません。脳なんかは、ビタミンCが大量に必要なのに脳幹は、水溶性のものを通過させるのに、関所があり中々通過できないようになっています。

実は水素は、水溶性、脂溶性両方の性質をもっている不思議な物質で、細胞のどこでも、素通りできる性質をもっています。そして水素を取り入れて、約1分で体の末端まで到達するといわれています。

そんな水素ですので、なるべく高濃度の水素水を選ぶ事が重要です。また必要なのは、活性水素ですので、水素豊富水の最大濃度である、1.6ppm以上は、常温常圧では、基本すべて水素分子ですので、この濃度まであれば十分と考えています。水素分子では、それだけの還元力がないからです。また一部では、水素ガスによる治療を実施していますが、詳しい文献等が見つかっていないためここでは、効果の証明ができないと考えています。

水素イオンは、電子を運ぶためのキャリアです。

水素水 生成器の選ぶポイント3・・・ミネラルの存在

水素水でもあまり重要視されていないですが、九州大学の白畑教授も、フラナガン博士も同様に金属ナノコロイドの存在については説明されており、活性水素を維持させるには、必要なものです。金属ナノコロイドは、1ナノレベルまで微細な金属で、それ自体が還元力をもっている、粒子です。フラナガン博士で言えば、ケイ素ですし、白畑教授であれば、マグネシウム、カルシウムといった物質になります。これらは、何処から手に入るかというと、すべて原水からであります。水道水からでも含まれていますが、ミネラルが豊富に天然水をベースに水素水を作成した方がより還元力が高いものが出来ますし、理論的に水素が抜けにくいと考えられます。この場合、電気分解式の水素水生成器でしか、金属ナノコロイドを作り出す事が出来ないので、気体過飽和式については、ここでは、除外となります。

 

おすすめ水素生成器

水素生成器 携帯タイプ

水素水生成器 ポケット(Pocket)  製品の仕様  価格54,000(税込み)

水素濃度:最大0.7ppm(3回時)

酸化還元電位:-210mV 〇

原水 水道水

大きさ 直径77×高さ186(mm)

容量 0.35リットル

 

 商品の特長

携帯水素水ボトル ポケットは持ち運びが簡単、しかも1回の充電で30~40回も使える。1回10分で水素水が出来ちゃう。

商品の口コミ

 

水素水生成器 サーバー型

水素水 生成器 アキュエラブルー 製品の仕様 価格306,720円 (税込)


 水素水濃度:1.6ppm 〇〇

酸化還元電位:-600mV 〇〇

原水:ミネラルウォーター 〇

幅154mm×奥行き252mm×高さ412mm

容量:800cc

詳細はこちらから

 商品の特長

中性で、1.6ppmの高濃度水素水がわずか5分で出来しかも、pH7.0の水素水、メンテナンス完全フリー、カートリッジの交換も無く、3年保証

 

水素水生成器 ルルド  製品の仕様  価格159,840(税込み)


水素濃度:1.2ppm 〇

酸化還元電位:-480mV 〇

原水:水道水 △

商品の詳細

 商品の特長

30分で約2Lの高濃度水素水が出来ます。水素が抜けづらい溶存水素24時間持続。電気代も1日5円の少エネタイプ、メンテナンスフリーで9ヶ月毎のカートリッジ交換のみ。

商品の口コミ

 

水素水生成器 TK-HS90 製品の仕様 価格172,800円(税込)

 水素濃度:1.3ppm 〇

酸化還元電位:-250mV 〇

原水:水道水 △

 電解しづらい水質でもしっかり電解し、水素をたっぷり発生させる「水素チャージボタン」
・還元水素水を余裕で生成できる7枚電極ハイパワー電解槽。
・「除去対象13物質+4物質」除去。高性能カートリッジ
商品の口コミ

 

水素水生成器 風呂用

水素風呂 スパーレEX  製品の仕様  価格 159,840円 (税込)


 水素濃度:1.6ppm

酸化還元電位:-618mV

商品の詳細

 バッテリー式でフル充電で4時間連続使用可能。水素水を飲んでも効果が無かった人でも水素風呂は効果抜群 飲むよりも吸収力数倍