水素水効果については、エイジングケアなどの美容としての利用は、もちろんの事、医療分野おいても結果を出しているものです。ただ、水素水効能については、個人差が多いと考えられますが、最小の抗酸化物質として、今後も期待できるものです。

水素水が効果で治る病気の数々

水素水とは

水素水は、水に水素が溶けているもので、水素水を飲む事で、美容や健康に良いとの事で、それらに関心のある、女性や芸能人の間で注目をして広がっていったものです。

現在は、スーパーやコンビニでも水素水がおかれるようになって来て気軽に購入が出来るようになってきました。ただ、水素水には、「効果がある」「効果がない」と意見が分かれているのも事実ですが、世界中の研究機関で真面目に水素水効果を調べているのも事実です。

水素水の最大の問題は、無味、無臭、無色で、飲んでもよく判らないというのが正直な処でしょう。それが、水素水の効果が無い、インチキな商品を生み出してしまうのです。

例えば、水素がどの位の量入っていたら、水素水と言ってよいのでしょうか?分子状水素医学シンポジウムでは、水素の含有量を0.08ppm以上と定めています。ただ、その濃度で、病気はもとより、美容に影響があるのかは正直疑問です。

水素の抗酸化力が効果の基本

水素水が非常に注目を集めているのですが、実際必要なのは、その中に入っている水素です。この水素には、大きく2つの力があります。抗酸化物質とエネルギーを作る為の栄養素なのです。

活性酸素ヒドロキシルラジカルが病気の原因

食事、呼吸の人が生活する上で、常時発生させているものとして、活性酸素があります。通常活性酸素は、呼吸から取り込んだ酸素の約2%が、反応成の良い、活性酸素になると言われています。

この活性酸素は、体内で、白血球やNK細胞の武器となって、外部から入ってきた、細菌、カビなどを攻撃するために使われるものです。活性酸素は、相手の細胞を酸化する事によって、撃退をしているのです。

そんな活性酸素が、矛先を体内に向けた場合、大事な臓器を攻撃する事が問題視しており、その攻撃力が強い活性酸素の事を悪玉活性酸素と呼んでいるのです。悪玉活性酸素は、酸化還元電位が非常に高く2.58mVも持っている酸化力の強い活性酸素なのです。

酸化還元電位の考え方

酸化還元電位は、H+を0として決めた、電子の奪い合う力関係をあらわした数値です。数字が大きいほど電子を奪う力が大きく、小さいと逆に奪われやすくなっているのです。

問題となるのは、この悪玉活性酸素が、正常な細胞から、外部の細菌などと同様に正常な細胞の電子を奪ってしまう事です。電子を奪われた、正常な細胞は、過酸化脂質と呼ばれる、活性酸素に変化して、さらに、自分の隣の細胞を攻撃していき、広がる事が病気に繋がるのです。

ここで必要になるのが、抗酸化力です。抗酸化力は還元という言い方もあり、水素は抗酸化力のある物質なのです。

水素の抗酸化力

水素の酸化還元電位は、H+は0ですが、マイナス水素イオンHの状態だと-2.25Vと酸化還元電位が低く、抗酸化力、還元力が高い物質なのです。マイナス水素イオンは、活性力が高い水素のため、活性水素と呼ばれています。

そんな、活性水素が溶けている、水素水活性水素水還元性水素水などと呼んでいるが、活性状態がそこまで続くのはおかしいとの話で、最近は否定的な話が多いです。

どちらにしても、水素の酸化還元電位は0Vですので、抗酸化力、還元力のある物質なのです。

実は、抗酸化物質は別に水素に限った事ではありません。食事から様々な抗酸化物質を体内に取り込んでいます。ビタミンCやビタミンEなどは代表的ななものでしょう。そのうちビタミンEは、先ほど紹介した、悪玉活性酸素によって、酸化した過酸化脂質の暴走を止める力があります。

ビタミンCは酸化還元電位が0.2mV、ビタミンEは、0.3mVとあるため、活性酸素の除去可能な物質でもあります。

抗酸化物質には、2つのタイプがあります。

抗酸化物質には、ビタミンCを代表とする水溶性抗酸化物質と、ビタミンEを代表とする脂溶性抗酸化物質があります。人の身体は、水で出来ている部分と、油脂で出来ている部分があり、それぞれの抗酸化物質は、特定の部位でしか、力を発揮する事が出来ないのです。

そのため、水溶性のビタミンCは、油で出来た細胞膜に対して、抗酸化作用が発揮出来ない事から、過酸化脂質などは、ビタミンEによって、還元させる必要があるのです。

しかし、水素は、ちょっと異なります。水にも油にも溶ける性質があり、身体のどの部分でも、抗酸化作用を発揮する事が出来るのです。また、0.01mmしか無い、細胞内のミトコンドリアの10000分の1程度しかありません。

そのため水素は、ビタミンC、ビタミンEと比較にならない位、体内への吸収力は高いのです。

抗酸化物質の副作用

抗酸化物質にも副作用があります。以前、アトピーの治療でビタミンCを注射したり、点滴する事が流行った時代があります。一部では、現在も行っているようですが、正直ちょっと危険かと思います。

確かにビタミンCの効果によって、アトピーの症状が一次的におさまるのですが、1~2ヶ月程度経過すると、前よりも酷くなるというのを耳にした事があります。これは、使用済みのビタミンCである、アスコルビン酸ラジカルが、体外にうまく排出されない事により発生しているのです。

抗酸化物質と呼ばれるものは、すべて、使用済みの物質が必ず発生します。ひれは、実は活性酸素と同様の働きをするものなのです。通常代謝によって、尿や便として排出しますが、大量にあると排出するまでに悪さをしてしまう事があるのです。

これは、ビタミンCに限った事では無く、ビタミンEも同様ですが、ビタミンEは、酸化還元電位が低い事から、ビタミンCによって、還元され、リサイクルされています。つまりビタミン剤の飲み過ぎはちょと危険なのです。

ここで、水素ですが、使用済みの水素は、どうなるかと言うと、酸素とくっついて無害な水になります。つまりいくら飲んだとしても、副作用はありません。また、他の抗酸化物質のリサイクルにも関与してくるのです。

水素は身体に必要な栄養です。

水素のもうひとつの顔として、栄養素としての側面があります。実は人は体内で、糖を材料として、水素を作り出して、利用しているのです。

中学の化学の時間にクエン酸回路、TCA回路とATP代謝システムを勉強したと思いますが、このエネルギーを作り出す、代謝システムの最大の目的は、水素を食べ物から取り出す事です。

MAD+やMADHと様々有機酸が反応していくのですが、水素を取り出すのが目的で、次工程の電子伝達系で、水素1個につき、生体エネルギーであるATP1個がつくられるのです。つまり食べ物から熱エネルギーを作る為の栄養素なのです。

細胞は、全身で、約60兆個ありますが、その細胞それぞれで、同じ反応が起こっているのですが、加齢とともに細胞が減少するため、糖であるグルコースの消費の力も少なくなります、水素が過剰にある事で、脂肪の燃焼効果にも繋がるのです。

水素水は、水素を取り入れるためのひとつの方法

水素水効果を発揮して、水素を体内に取り込むには、身体の事をしっかりと把握する必要があります。現在、水素治療や研究に使用されている、水素水は、水素豊富水と呼ばれる水素水で、水素水濃度が、1.5ppm前後のものを指します。

実は体内の水素の受容体から考えると、1ppm以上の水素水が適正だと言う事です。もちろん濃度が薄いものでも効果が無いわけでは無いですか、最大限の水素の効果を発揮させるためには、この位の濃度が必要との事です。実は、人の身体は、0.4ppm程度までしか体内に取り入れる事ができず、水素水の形では取り込んだ水素の約60%程度は、すぐに気体となって放出してしまうのです。

水素水の飲むなら、やっぱり水素水サーバーが良い

水素水は現在様々な作り方がありますが、水素はどうしても、揮発してしまい放置しておくと、濃度が下がりやすい特徴があるため、水素水を飲むなら作りたてに限ります。

そのため水素水サーバーがおすすめです。

水素水サーバーには、電気分解式と気体過飽和式の大きく2種類があり、どちらも特徴があるため、どちらが良いとは言いがたいですが、ミネラル分をいっしょに取るのであれば、電気分解式、濃度の高い、高濃度水素水を飲むなら気体過飽和方式と分ける事が良いでしよう。

電気分解式であれば、ルルドの水素水が人気が高いです。またよく、比較対象となる水素水サーバーにアキュエラブルーがあります。こちらは1.6ppmの水素水濃度で、メンテナンスフリーが特徴で、JRAで競走馬の体調管理としても使用されているものです。

水素水の効果を期待するためには、3~4リットル程度は、必要ですので、コスパを考えても水素水サーバーがお得です。実際糖尿病の治療には、最低5リットル程度の飲量が必要です。

水素水サーバーの詳細はこちら

水素水アルミパック方式

水素水サーバーは、初期投資が数十万円と非常に高いのが特徴です。そんなお金は出せない人のために、水素水がアルミパックに入ったものが販売されています。

現在、アルミパックが1番水素が逃げにくいとされています。ただそれでも絶対では無いため、購入したら早めに飲みましょう。ペットボトルなどは、論外ですが、アルミ缶もフタの部分が完全に密閉出来ないため、フタの隙間から水素が逃げてしまうのです。

また、水素水のアルミパック方式は、全体的に1日の飲む量が製品によって異なりますが、200~500ccとちょっと少なめです。体調回復目的の人には向きません、ただ、運動後の疲れが出ないようにするためや普段の体調管理程度で、健康な人が飲むための水素水です。

持ち運びが可能な水素水ボトル

水素水サーバーは、重くて持ち運びが出来ない事から、最近では、水素水ボトルと言われる、持ち運びが可能な充電式の水素水サーバーが人気があります。

ほとんどがスペースの関係もあり、電気分解式を採用しており、値段もリーズナブルなものが多いのが特徴です。ただし、水素水濃度が全体的に、低いのが特徴です。

水素水ボトルの詳細はこちらから

水素水お風呂は、全身から水素を吸収

最近は水素水お風呂につかる事で、水素水効果を全身で受け止める事ができるものです。先日、藤原紀香と愛之助の結婚式で、引き出物として配って話題になった、機械式の水素発生器をお風呂に沈めてつかうものと、入浴剤のように化学反応をして、水素を発生させるパターンのものがあります。

どちらも効果としては、同じですが、長期的に考えたら水素発生器の方がお得になります。

水素風呂は、全身から水素を吸収するのと、蒸気とともに水素が蒸発して、呼吸によって水素を肺から吸収する事から、水素水を普通に飲むよりも10倍近くの効果が期待できます。

特にアトピーなどの皮膚疾患をもっている人は、効果が覿面に出ます。また、シミ、しわなどの活性酸素が原因のものであれば、回復が図れることでしょう。

水素水を超えた水素カプセル

水素カプセルとは、水素を固定化したパウダーを封入したもので、サプリメント型のものです。カプセルを飲むと体内の水分を吸収すると水素が発生するように調整されたもので、水素水の数倍の発生量となります。

持ち運びが簡単になるため、気軽に持ち運びが可能になります。サンゴカルシウムをベースにしたものと、酸化チタンをベースにした水素サプリメントがあり、当初は、酸化チタンベースの方が水素発生量が多かったのですが、現在は、サンゴカルシウムベースの方が水素発生量も多くなっています。

また、サンゴカルシウムの場合、表面積が大きい事で、水素がゆっくりと発生します。水素発生サプリメント プラクルティーHは、1ppmの水素水6リットル分の水素を発生させ、水素水よりも非常に多い水素を体内で発生させる事ができます。最長48時間まで水素発生の確認出来ています。また同様の原理を利用したものに水素美人があります。こちらは、水素発生量は、減りますがビタミン配合なサプリメントです。

水素水パック

水素水パックは、水素水をガーゼなどに染みこませてパックをするパターンのものです。美容液よりも効果が高いと人気のものです。水素は、美容液なんかよりも浸透性が良いため、表皮部分だけで無く、真皮からシミやしわを取り除く事が出来ます。

もちろん水素水パックとして売られているものもありますが、自宅に水素水サーバーがあるのであれば、それをガーゼ等に染みこませて使った方がコスパは非常に良いものです。

水素水効果を利用してどんな事が出来る

水素水ダイエット

水素には、人体の発電所である、ミトコンドリアを活性化させる力があります。

水素水を飲む事で体内の水素濃度が上がり、ミトコンドリア内の電子伝達系が活発に動くようになります。そのため、糖を効率的にエネルギーに変える事が出来るのです。水素水効果的にダイエットにつながるのです。

水素水でダイエット詳細はこちら

水素水が糖尿病に効果がある。

糖尿病はそもそも何故発生するかご存じですか?大量の食事をすると、細胞内で活性酸素が発生します。糖尿病に関係の深い、インスリンを作っている、膵臓内のβ細胞は、毛細血管の集まりで、活性酸素に弱い部分でもあります。

通常は抗酸化物質がある事で、均衡を保つ事が出来るのですが、抗酸化物質が足りなくなる事でβ細胞が壊れて、インスリンを発生させる事が出来なくなり、糖尿病になるのです。

水素水の飲む事で、活性酸素を除去するとともに、代謝アップする事から、糖尿病に効果があります。これは、糖尿病によって、末梢神経の壊死等も回復させる事が出来るのです。

糖尿病と水素水の詳細はこちら

水素水とがん治療

水素水は”がん”にも効果を発揮すると言われています。

現在がん治療にも、水素は利用されています。抗がん剤と併用して、抗がん剤の副作用軽減や治療そのものに良いとされています。そもそも”がん”は、細胞が活性酸素によって酸化した、過酸化脂質の集まりです。

たちの悪い事に活性酸素によって攻撃された、過酸化脂質も活性酸素の仲間のため、隣接する正常な細胞を過酸化脂質へと次々と伝播してがん細胞に変えていってしまうのです。

水素水は、効果的にこの過酸化脂質を正常な状態にもどす事が出来るため、がん細胞の治療に効果があるのです。しかも抗がん剤のような副作用は、まったくありません。

水素水はアトピーに効果がある。

アトピー性皮膚炎は、40年ほど前から、出てきた病気ですが、現在約40万人人口の約3%もいる病気です。また、10才以下に至っては、10人にひとりとも言われている病気です。

これは、免疫が過敏になっている現象ですが、実は活性酸素が大きく影響しています。アトピー性皮膚炎が発症すると、ものすごい痒みに襲われますが、かゆみ、炎症部分は、活性酸素が多く発生しており掻くことでさらに活性酸素が多く発生して、炎症が大きくなりさらに悪化するのです。

そんな活性酸素を水素水の効果で抑える事が出来るのです。特に水素水を飲む以外に水素風呂に入るのは、非常に効果が高いです。

水素水とアトピー詳細はこちら

水素水で便秘に効果がある。

水素水で、便秘が治る。口コミ等で、水素水を飲んで便秘が治ったという人は、非常に多いのですが、直接的な根拠は実は無いのです。

そのため、大量に飲んだ水が効いたのでは?との意見も出ています。ただひとつ言える事は、水素

ね加賀的な根拠実は直接的な影響は無いとされています。そのため、水素水が効いたんじゃ無く、水を飲んだ事が効いたのでは

ただ、水素が体内に入る事で、副交感神経が優位に働くというデーターがあります。つまり腸が活発に動くようになるのです。そのため、便秘等が改善すると言われています。

水素水は抜け毛にも効果的?

水素水の効果は活性酸素の除去です。実は、抜け毛の一部は活性酸素の影響があると言われています。頭皮が活性酸素によって酸化する事で、毛根の働きが悪くなり、発毛する事が出来なくなるのです。

水素水で動脈硬化にも効果がある。

動脈硬化は、近年までLDL悪玉コレステロールが多い事でおこるとされてきましたが、実は直接的な犯人として、活性酸素が浮き上がったのです。

活性酸素は、血中では抗酸化物質の影響で、中々、LDLを酸化させる事が出来ないが、血管壁に沈着すると、活性酸素によって酸化され変性LDLという形になります。これは、過酸化脂質のひとつで、正常な働きが出来なくなり、血管を詰まらせるのです。

まとめ

水素水効果は、非常に多くあります。水素が活性酸素の除去効果があり、活性酸素が、病気の90%とされているからです。現在世界中の研究機関によって、水素水の研究を行っていますが、副作用のない画期的な治療薬として注目を浴びています。

今後こまかに使い方についても解明していくことでしょう。